読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安直マン日記

割とちょろい腐女子

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第33話感想

 

 

もう明々後日には日曜日じゃん

(追記)違った。この記事書いた日はまだ水曜。曜日感覚を養いたい

 

 

先にマクギリスの過去についての記事を書いてしまいましたので、追って33話全体の感想を書いていこうかな。

↓↓ マクギリスの痣で動揺している様子が分かる記事はこちら ↓↓

cmcm-ch.hateblo.jp

 

33話は鉄華団のターニングポイントが大きく明示されたな……って印象でした。

①タカキと鉄華団の選択と今後について

②ヴィダールとジュリエッタについて

の二点をメインに書いていきます。

 

凄く印象に残ったシーンは、思い悩むタカキの手を取ってクーデリアが語り掛ける場面。

多くのものを見て、知識を深めれば、物事をきちんと判断し選択する力が生まれる。誰かの指示に頼らずとも……

 

クーデリアは一期でも三日月をはじめ船内の子供たちに文字を教えるなど、鉄華団にない知識・見識を与える存在でしたが、知識があること、視野を広く持つことが今後の身の振りに大きく寄与することをここで改めて告げています。

ただ戦い、クーデリアを護衛するという目的達成だけを見ていればよかった二年前とは状況が大きく変化している。

以前タカキはメリビットに、自分たちが戦いの中で死ぬことを「自分で考えて決めている」と発言したことがありましたが、地球支部の運命を大きく左右した現在では、突き進むことで生まれる犠牲を嫌でも意識せざるを得ないんじゃないかな。

 

クーデリアはタカキに「学ぶこと」の大切さを説きましたが、タカキの妹フウカはまさに今「学んでいる」子供。自分よりどんどん知識をつけ、戦わなくてもいい未来に進んでいけるはずの妹。

戦いの中で自分が死に、妹を支えてやることができなくなったら。それによって地球に住む妹の大きな未来が閉ざされてしまったら。

ラディーチェを殺し、その手に責任を負ってしまったけれど、守るものとその未来が大きくなったタカキが鉄華団を抜ける選択をしたのは、彼が弱くてこの先に怖気づいたからや、彼が不義理を働いているからじゃありませんね……

 

 

鉄華団に対するマクギリスの要求は「ラスタル・エリオンをはじめとした対抗勢力の殲滅に力を貸してもらう代わりに、マクギリスがギャラルホルンを支配した暁には、鉄華団ギャラルホルン火星支部の権限を全て委譲する」というもの。

君たちは火星の王になる」そんな言葉を使って。

不明確な鉄華団の目標地点を、マクギリス側から提示してくる。

そしてその要求をオルガは「でっかいアガリ」として受け入れた。

三日月をはじめとした中枢の仲間たちも皆「オルガに付いていくしかない」と受け入れる。

 

危険な挑戦だということは重々承知で、この先また膨大な数の仲間が死ぬ可能性があることも分かっていて、目標に猛進する。

それ自体は良い(?)んですけれど、怖いのはオルガ自身に明確な目標がなく、提示された報酬を「満足できるか否か」判断して「乗るかどうか」を決めるに留まっていることです。

目指す場所を自分で探せる、選択出来る、与えられた選択肢の他を想定できる、あらゆる意味で学ぶ必要があるんじゃないかな。

マクギリスがギャラルホルンを支配した先も不明瞭ですが、鉄華団が火星を支配して、今まで迫害してきた人々をアッと言わせて、そしてその先どうするのか。

鉄華団は家族ですが、その家族も大きくなり、今回内部から破壊活動が起き裏切り者を粛清したばかりで、どんどん目標の規模が大きくなっていることが不安で仕方ないです……

火星の人々の生活環境の向上を目指すクーデリアと違って、オルガの目的は自己実現だと思っているんですが、火星の王という立場を得たとして、大切な人を失って辿りついたそのアガリに果たして満足できるんだろうか。

 

ビスケットの死を受けたオルガがエドモントンでの戦いの中で「本当は団員に死んでほしくないけれど、状況を打破するためには戦うしかない」という苦渋の選択をしましたが、今回は改めて犠牲を払う前進を選びました。ビスケットの死で揺らぎながらも前に進む選択しかできない面は、まだオルガが子どもであるからなのかな。

結構メリビットさんの葛藤が分かる(考え方が寄っている)だけに、はらはらして観ています。

 

オルガの発した「ごめんな」は、自分自身が危険に突き進み、周囲を道ずれにしていることにほんの少しでも迷いがあるっていうことなんだろうか……

選んだ選択肢がどんなものであっても、それが「自分の力で決めた」「これで後悔はない」と思えるものなら良いんだけど。

 

 

 

来週の次回予告が「ヴィダール立つ」でしたけど今週も立ってたヴィダールさん。

来週は出撃するんですかそうですか……

ジュリエッタは髭のおじさまとラスタルに救われた、その二人への恩返しの為に強くあらねばならない……アインと同じように自分の目的やアイデンティティが他人によって形成されているキャラクターです。

クランク二尉もガラン・モッサも、決して鉄華団に対し真っ当に対峙したわけではないのですが、ジュリエッタも「あんなに優しい髭のおじさまをよくも…!」と憎しみを募らせていくのかな……

そうすると向かうルートがアインと同じになってしまうのだけど……と心配しています。

そんなジュリエッタの隣に立つヴィダール……彼の語るアインが「近くにいる」ってどういうことなのか……

一番有力なのはガンダムヴィダールの中にグレイズアインのパーツが組み込まれていることだと思うんですけど、もしかしたら精神的な近さなのかも。

 

ヴィダール=ガエリオとして、どういう経緯でラスタルの元についたのかは不明ですが、セブンスターズの一家門として確実にマクギリスと対立する派閥であることは明白ですから、彼自身ラスタルの下でマクギリスを討つ心づもりなんでしょうな……

 

そうするとまずヴィダールが対峙するのはバルバトスかグリムゲルデなんでしょうが、その時彼が何を語るのか、いまから心臓が痛いです。

 

 

 

 

おわり

鉄血のオルフェンズ 第33話のマクギリスについて

 

 

オルフェンズ第33話観ました……色々と心臓に悪い部分があり、毎度毎度情報量が多くて命がいくつあっても足りないんですけど、

特にマクギリスの幼少期の描写のインパクトが強すぎたので、その部分の感想と憶測だけまとめて書いていきます。

 

33話はオルフェンズ二期が始まってからの大きな転換点だと思いますので、33話の全体的な感想はまた記事を改めたいと思います。

 

 

 

 

アーブラウとSAUとの戦争の中で暗躍したガラン・モッサの存在は、アリアンロッド司令ラスタル・エリオンによって完全に闇に葬り去られています。

 

ラスタルとの邂逅の中でマクギリスの過去がちょっぴり描かれましたが、え?妾の子どころじゃなくて血の繋がりすら無い疑惑?

 

首筋の痣を見るに、かつてのマクギリスは生活に困窮していたに留まらず、何者からか虐待も受けていたかのように思えましたが、

ラスタルと出会った時のマクギリスは紙の本を読み、ファリド家にやってきたばかりで字も読めない頃からしばらく経っていることが窺えます。

そんな彼の首筋の赤みの残る痣……傷が新しすぎるんですよね。

アニメの古傷ってもっと赤褐色に描くものじゃないかな?なんてメタ的な予想も含め、マクギリスはイズナリオから虐待を受けていたんじゃないかなって思います。

 

そして何故血のつながりもないマクギリスを、妾の子と偽って養子に迎えたかなんですが、これについて口にし掛けたラスタルの部下の顔つきがなんか「下世話な噂知ってます」って感じで……首筋の赤い痣……

 

それを踏まえると、マクギリスがクッキー・クラッカや、婚約者のアルミリアを非常に丁寧に扱う描写や、彼が手を結んだ相手が鉄華団(子どもの武装集団)であることが非常に納得できるんですよね。イズナリオあんた最低だよ

 

幼すぎる婚約者であることが強調されていたアルミリアだけど、「彼女の幸せは保証する」という言葉は、きっとマクギリスの本心からの言葉なんだろう。

思えばガエリオを鼓舞し、アインの機械化に踏み切らせた地下実験施設でのシーン以外に、鉄華団を「宇宙ネズミ」と罵倒することはなかったような……

 

あらゆる点において、マクギリスの行動と過去はリンクしてるんだと思います。ああ、「過去を紐解く」ってこういう……

 

 

マクギリスとイズナリオの関係性を考えると、飢えた生活を送るマクギリスを文字通り「絶望から救いあげてやった」と嘯くイズナリオが、マクギリスの手によって失脚させられるに至ったのは必然だったと思います。

 

しかし、そこから彼が「大局を見る」ようになり、ギャラルホルンの改造を目指して猛進するようになった理由につながる部分がまだ見えてこないんですよね。

どういう心境の変化があったのか。

 

あの若さでガンダムバエルを要求するということは、その頃から巨大な力を手に入れることへの欲求が強かったんでしょうが、何がそんなに彼を駆り立てたのか……

 

マクギリスはギャラルホルン創始者の伝説を度々口にするけれど、ギャラルホルンの「過去を紐解く」ことがマクギリスを本当に理解することに繋がるということなのかな。

もしかしたらマクギリスの「ギャラルホルンを変える」という目的すら何かを遂げるための通過点で、本来の目的ではないのかもしれない。

 

マクギリスは未来に何を見ているんだろう。

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズを観ました

 

2015年秋以降、盛大に我が家のHDDを圧迫しまくっていた「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」をようやく観終わりました。(現在放映中の2期7話まで)

 

…………

……………………

なんでこれリアタイしなかったんだろうね!???!?

馬鹿じゃないかな自分!!!!バーカバーカ!!!!

 

 

金曜日と土日でぶっ通し視聴した結果めちゃくちゃ熱かったので感想というか特に目についたことについて書こうかなと思います……

 

 

オルフェンズは独特のキャラクターデザインが気になっていたので録画を続けていたものの、実はガンダムをはじめとしたロボアニメ全般初視聴でした。

基本的に長編ストーリーは漫画原作でハマる→アニメも観る、というルートを辿っていたので、オリジナルアニメを観ることが少なかったのが原因かな……と思っていたのですが、ファンタジックな世界観を活字なしで把握しきれる自信がなかったせいでもあります。

 

ということで、必死にメモを取りながらアニメを観ることに……ガチだ……

f:id:cmcm__ch:20161116160239j:image

(メモの一例。こんな感じを4枚ほど書いてました。観ながらなので字が汚いのと誤字があるのが恥ずかしい)

 

膨大な設定量に付いていけてないっぷりが伝わる。

 

出だしから少年兵、人身売買とファンタジーでは済まされない題材が扱われていたのでかなり構えて視聴していたのですが、道理では説明のつかない個人間の感情など、戦いの中だからこそ色濃く表れる面への描写がとても丁寧だったので、単にメカニックの造形美や戦闘シーンの派手さだけを追求するに留まる作品でないところがオルフェンズの凄いところなのだな……としみじみ思いました。

本編全体を通して各人の視点の広さの差、価値観の差、もっと言えば何をもって過去を乗り越えていくかが凄く強調されていたのかな……と個人的には考えています。言葉が正しいのか分からないのですが……

 

団員全員を家族として、居場所を守り続け団の繁栄の為に猛進する鉄華団

火星に留まらず圏外圏全体の人権向上を叫ぶクーデリア

腐敗したギャラルホルン是正の為に内外問わず他人を利用するマクギリス

上官の敵討ちの中で半身を失くし機械仕掛けになって尚鉄華団に立ちふさがるアイン

ギャルホルンによって作られた価値観の中で育ち、疑うことを知らなかった為に利用されたガエリオ……

 

何が幸せなのかとか、何をもって自己実現なのかとか、価値観の違いが多岐にわたるのでここでは書ききれないのですが、

マクギリスが19話で語った「消えない過去に縛られて、輝かしい筈の未来は全て愚かしい過去の清算のみに消費される」という言葉がシリーズを通した一つのテーマになっているのかな。

 

1期終盤、ビスケットの死を受け止めきれず暴走するかと思われた鉄華団が「死を未来に繋げる」選択をしたことで彼ら自身の目的を見失わずに済んだのに比べて、

(ただ、「正しい」選択だったかは分からないしあの状況の彼らに対し正しいも何もないのかもしれないけど)

クランク二尉の死を罪深い悪による理不尽な死と疑わず、復讐に心奪われたアインとではその末路に大きな差が出来ているなと感じます。

実際「本当は死んでほしくない」という意思表示がオルガから出たことで、鉄華団が狂うことはないと思えました。

如何にして過去を乗り越えて前を向くことが出来るかで明暗が分かれるんだなと……

 

 

ということを考えると、「怒りの中で生きてきた」マクギリスが他人を利用し尽くし進むギャラルホルンや彼自身の未来は果たして……って感じなのですが、

地球的なものの考え方から脱却出来ず、利用されるに終わったガエリオともう一回正面から対決する機会が来るものと信じて楽しみにしています……(ガエリオとしての彼はもういないのかもしれないけれど)

 

アインが虐げられてきた過去とクランク二尉の死を歪めて戦いの目的に据えている辺りが序盤からかなり気になっていたので、目の付けどころがギャラルホルンにばかり寄っていたような気が……

鉄華団の、というより三日月の考え方を理解するには、マクギリスじゃないですが「過去をひも解く」必要があると思うので、そこが描写されるまで本当の意味で三日月を理解することはできないな……なんて考えてます。

 

 

やっとリアルタイムに追いついたので、これからは1話ごとにもっと細かい感想が書けるかな~

HDD圧迫シリーズにはまだアルスラーン戦記も残っているので、こちらの視聴マラソンも推し進めなくては……

 

 

 

 

スタンドマイヒーローズ 渡部悟 本編感想

 

スマートフォン向けパズルゲームアプリ「スタンドマイヒーローズ」をプレイしています。

http://colyinc.com/myhero/

 

スタマイは、

パズルゲームを進めてメインストーリーを進展させる

②集めたカードを育成して特定キャラクターとのご褒美エピソードを獲得

パズルゲームで集めたエビ(エビデンス)でキャラクター毎の本編シナリオを開放させる

以上の3つが基本となった女性向けゲームです。

 

数種類の麻薬に耐性を有する、通称「薬効体質」を持つ主人公はその類い稀な体質を買われて厚生労働省直属の麻薬取締部(マトリ)に大抜擢されます。

しかし彼女はそこで、警視庁との合同チーム所属の条件として各界の有能な人材をスカウトする任務を課せられるのであったーーー

 

 

ストーリー自体は過去にリリースされた「ドラッグ王子とマトリ姫」http://colyinc.com/matori/の続編にあたる形となっていますが、スタマイ単体でも全く問題なくプレイすることが出来ます。

そもそもマトリ姫の方でのキャラクター本編が、スタマイにエビを集めて開放するキャラクター本編に移植された、と理解した方が良いと思います。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、今回は中でもマトリと外務省を股にかける男、渡部悟33歳の本編第一章をプレイしたので感想を書いていきたいと思います。

 

スタマイ全体での推しは九条家の用心棒、桐嶋宏弥27歳と決めているんですが、残念ながら彼の本編はまだ配信されていませんので、メインのマトリチームで最も気になっていた渡部さんをプレイすることに……

 

ちなみにエビは本編1人あたり約25,000エビを消費しますので、余裕をもって開放に臨んでください。

 

 

 

 

 

以下 ネタばれ注意です。あくまで感想メイン

 

 

主人公の薬学部時代、学会発表で訪れたパリで彼女は1人の日本人男性に危ないところを救われる。学会での失敗から自棄を起こしていた彼女であったが、彼の真摯な言葉に勇気付けられ、セーヌ川沿いのかすかな思い出は彼女にとって運命的な思い出として残ることになった……

 

 

 

もうモロ「4年前出会った運命の人は渡部さんで~す!」と言わんばかりの導入だっただけに、アンリさんの登場があったとしても、オチは予測出来るストーリーでした。

模擬デートの最中も、渡部さんの想い人の噂も、よくよく分かる、見え透いている、だからこそ擦れ違う2人の行動と思惑に切なくなる。

ちゃらんぽらんで掴み所のない渡部さんの実情を秘書体験で知る、という過程があって良かったと思います。

手を抜いて楽そうにしている裏で徹夜を重ねたり分刻みのスケジュールを送ったりと、彼の「人に見せない努力」を仕事の面から描いたことで、

彼の中で4年間温めていた恋心をひた隠す、身を切るような我慢が厚みを増して伝わってきたのではないかな。

模擬告白の「好きだよ」はもう切なくて切なくて、どうしてこの恋はこの時に報われていないんだろうと、両者の気持ちを思うと涙が出てきます。

 

 

スタマイのストーリーについて特筆すべきは主人公が非常に有能であることです。

劇中パリでの捜査シーンがありましたが、相当に肝が据わっていて頭が切れる彼女だからこそ切り抜けられた展開だったと思います。私なら絶対撃ち殺されてる……

お飾りのマトリちゃんではつまらないキャラクターに終わってしまいますし、乙女ゲームにはお決まりのご都合主義も彼女の頑張りがあってこそ納得いくものになっているなと……

 

お陰でクライマックスはかなりポンポンと事が運びます。読み手としてはもうこれ以上渡部さんを待たせるのはやめて~!と叫びたいくらいだったので全然OKです。

もう据え膳状態になってまで一度身を引こうとするのは、渡部さんの臆病さが表れてて……腕を引いて抱きしめた時は正直泣きました。おめでとう。おめでとう!!!!

主人公ちゃんすごい良い子なんですよ。茶目っ気があって愛されキャラ。うらやましいですね~~~こういう可愛い子になりたいです。「可愛い恋人へのキス」に「望むところです!」って返せちゃうのがもう可愛い。

 

私も外務省勤務のエリート官僚と恋に落ちたい!!!

もう普通に渡部さんに恋しちゃってるから勘弁してほしい

 

 

 

 

 

おわり

 

はじめました

 

はじめまして、ビンと申します。20代女性でオタクをしています。

カードキャプターさくらおジャ魔女どれみがストライクな辺りの世代で、セーラームーンのビデオを狂ったように観ながら育ったタイプです。

 

中高生時代は携帯サイトを運営して、マイナーながらも細々と作品を公開する楽しみに浸っていたんですが、

大学入学してから数年は主に活動の場がtwitterに限定され、いつの間にか人の言葉を読むばかりで自分の言葉で文章書いてないな~~~と思い立ち、投稿のメインをブログに変えようと決意したのでした。

 

15年以上少年誌作品に入れ込み続けていた私ですが、ここ1年ほどで急に乙女ゲームやイケメンもの作品に傾倒するようになり、以前の私を知る人からは「人が変わった」と揶揄される機会が多いです。しかし私の根底にオタク根性を刻みつけたのは他でもないセーラーウラヌスですから、面喰いなのは本質から変わっていないのかもしれません。

 

これまでハマるのが怖くて乙女ゲームその他に手を出せていなかったのは事実だったので、自分に正直になった結果随分いま気楽で楽しいです。

ここではその楽しんでいる様子なんかをぼちぼち書いていけたらいいなと思っています。

 

 

 

おわり